コレステロールとは

どうしても悪いイメージが付きまとうコレステロールですが、本来は、私たちの体に必要不可欠なものです。しかし、コレステロールが増え過ぎてもよくありません。動脈硬化の原因にもなりますし、様々な生活習慣病を引き起こしてしまう厄介な存在にもなってしまいます。

コレステロールって何?

コレステロールは、脂質の一種で、人間の体のあらゆる場所、特に、脳や神経系に多く存在しています。生活習慣病の原因としてよく知られるコレステロールですが、私たちの体の細胞膜の材料となったり、脂肪の消化を助ける胆汁酸の生成にも役立っています。

また、コレステロールが不足すると、セロトニンという脳内物質が減少してしまうと言われています。セロトニンが不足すると、うつ病等の精神疾患を引き起こす原因にもなってしまいますので、コレステロールは、非常に大きな役割を担っていると言えます。

コレステロールは肝臓で作られる

コレステロールは、食べ物から摂取するだけでなく、体内でも生成されています。主に肝臓で生成されていて、肝臓で作られたコレステロールは、血液を通して全身に運ばれています。

そのため、肝機能が弱まると、コレステロールがうまく生成されなくなってしまい、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が多くなってしまいます。だから、肝機能を高めるセサミンを摂ることは、LDLコレステロールを減らすのに有効なんですね。

HDLコレステロールとLDLコレステロール

健康診断の結果にもあるはずですが、コレステロールには、HDLコレステロールLDLコレステロールというものがあります。HDLコレステロールは善玉コレステロール、LDLコレステロールは悪玉コレステロールと言われ、それぞれ役割が異なります。

コレステロールは、血液を通して全身に運ばれますが、血液中のコレステロールは、タンパク質と結びついてリポタンパク質という形で存在しています。実は、HDLコレステロールもLDLコレステロールも同じ構造をしたコレステロールなのですが、このリポタンパク質の種類が違うので、HDLコレステロールとLDLコレステロールという区別ができるんです。

HDLコレステロールの働き

HDLコレステロールは、血管の内側に溜まったコレステロールを回収して、肝臓まで送り届ける作用があります。HDLコレステロールが多ければ、それだけ全身の余分なコレステロールを回収してくれるんです。このように、HDLコレステロールは、私たちの体にとって良い働きをしてくれるので、善玉コレステロールと言われるんですね。

LDLコレステロールの働き

HDLコレステロールとは逆に、LDLコレステロールは、悪玉コレステロールと呼ばれています。HDLコレステロールが全身のコレステロールを回収してくれるのに対して、LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶ役割を持っています。そのため、LDLコレステロールが多いと、血液中のコレステロール値も高くなってしまうんです。

LDLコレステロールを減らせ!

血液中の余分なコレステロールを回収してくれるHDLコレステロールと肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶLDLコレステロール。それぞれ役割が異なるのですが、HDLコレステロールは動脈硬化予防に役立ってくれ、逆に、LDLコレステロールは動脈硬化を促進させてしまいます。

そのため、動脈硬化を予防するためには、LDLコレステロールを減らす必要があります。LDLコレステロールを減らすには、毎日の生活習慣を改善することが必要ですので、LDLコレステロールを減らすのに効果的な有酸素運動や食生活の改善を心がけましょう。

動脈硬化予防におすすめサプリメントはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ