中性脂肪とは

健康診断でも気にされている方が多いであろう中性脂肪。トリグリセライドとも呼ばれますが、この中性脂肪は、動脈硬化の原因にもなる非常に厄介な物質です。動脈硬化対策のためには、中性脂肪を減らすことが重要になってきますので、注意しておきましょう。

中性脂肪って何?

中性脂肪は、お腹や二の腕についた贅肉のもとになる物質です。いわゆる脂肪と考えてもらってもよいですね。

中性脂肪には、本来、私たちの体を動かすエネルギー源としての役割があります。私たちの体は、通常、血液中の糖分をエネルギーとして使うのですが、糖分が不足した時には、この中性脂肪を使って体を動かすという仕組みになっています。脂肪にエネルギーを貯め込んでおいて、必要な時に消費するというメカニズムです。

だから、体を動かすために使われる脂肪よりも食事を通して身についていく脂肪が多ければ、その分、太ってしまいますし、動脈硬化にも近づいていってしまいます。

ちなみに、脂肪には、エネルギー源としての役割の他にも、体温をキープする役割や衝撃をやわらげて体を守る役割も持っています。つまり、中性脂肪は、人間の体に必要不可欠なものということです。しかし、中性脂肪が増え過ぎると、肥満や動脈硬化等の生活習慣病の原因になってしまうので、注意が必要なんですね。

中性脂肪を減らして動脈硬化を防げ!

増え過ぎた中性脂肪は、動脈硬化の原因です。動脈硬化を予防するには、中性脂肪を減らすことが非常に重要。中性脂肪を下げる方法としては、「動脈硬化を予防する方法」、「中性脂肪とLDLコレステロールを下げよう」にあるように、食生活の改善、適度な運動等が挙げられます。

DHA・EPAのように中性脂肪を減らす成分を意識的に摂取することも非常に効果的ですので、食事だけでなく、サプリメントを有効活用すると良いですよ。

動脈硬化予防におすすめサプリメントはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ