DHA・EPAの効果

イワシやサバ等の青魚に豊富に含まれるDHAEPA。よく体に良いと言われるこれらの成分ですが、動脈硬化を予防する上でも非常に効果的なんです。

DHAの効果

DHA(ドコサヘキサエン酸)には、血液をサラサラにして、血流を改善する効果があります。ドロドロの血液は、動脈硬化の原因ですので、血液をサラサラにすることは、非常に大切なことです。

DHAには、かつては高脂血症と言われた脂質異常症、いわゆるドロドロ血液の原因である血中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の量や中性脂肪の量を減らす働きがあります。これらの物質を減らすことは、血液をサラサラにし、動脈硬化のリスクを減らすことにつながります。そのため、DHAは、動脈硬化に効果的と言われているんです。

EPAの効果

EPA(エイコサペンタエン酸)もDHA同様、血液をサラサラにする効果があります。

EPAには、血中の中性脂肪を下げる作用に加え、血中からコレステロールを回収するHDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やし、血中にコレステロールを運んでしまうLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を下げる作用があります。

また、血液の粘り気を少なくする作用もありますので、EPAには、ドロドロ血液を改善し、血液をサラサラにする効果があるんです。実際に、EPAは、閉塞性動脈硬化症の医薬品としても用いられています。

現代の日本人のDHAとEPA摂取量は目標値を大幅に下回っている

動脈硬化を防ぐために効果的なDHAやEPAですが、これらの成分は必須脂肪酸に分類されていて、体内で合成することができないため、食事等で摂取する必要があります。

厚生労働省は、DHAとEPAを合わせて1日に1,000mg摂取することを推奨していますが、実際、私たち日本人が1日に摂取しているDHAとEPAは、その目標量の4割にも満たないと言われています。食生活の欧米化が進み、肉中心の食事をとる方が多くなったため、食事を通して必要なDHAやEPAを摂取することが難しくなったんですね。

そのため、十分な量のDHA・EPAを摂取するためには、食生活に気を配ったり、サプリメントで補ったりすることが必要です。

DHA・EPAを摂取するのにおすすめのサプリメント

イマークS

イマークS

ニッスイのイマークSは、DHAとEPA配合量No.1のドリンクです。このイマークSを飲めば、1日に必要なDHAとEPAのなんと9割弱を摂取することができます。血中中性脂肪を低下させる作用がある飲料として、消費者庁より特定保健用食品として許可されていますので、信頼性もバッチリ。

ヨーグルト風味で非常に飲みやすいのもポイントです。

価格(税抜)
送料(税抜)
配合成分
抗酸化成分
内容量
1,000円 無料 DHA…260mg
EPA…600mg
ビタミンE
ビタミンC
10日分(10本)

イマークSの詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ