動脈硬化の大きな原因は中性脂肪とLDLコレステロール

動脈硬化の危険因子は、ひとつとは限りません。しかし、その中でも最大の危険因子と言えるのが、脂質異常症。この脂質異常症の原因こそが、中性脂肪LDLコレステロールです。つまり、動脈硬化を予防するためには、中性脂肪とLDLコレステロールを下げることが非常に大切なんです。

脂質異常症とは

脂質異常症は、中性脂肪やLDLコレステロールといった血液中に含まれる脂質である血中脂質が多くなった状態です。いわゆるドロドロ血液というのも、脂質異常症に陥った状態です。この脂質異常症の状態では、血管に負担をかけてしまいます。そして、これを放置しておくと、やがて動脈硬化に陥ってしまうんです。

中性脂肪やLDLコレステロールが増えるような生活習慣を送っていると、脂質異常症になり、動脈硬化のリスクも高まるという訳です。

脂質異常症が動脈硬化を引き起こす

脂質異常症の原因である中性脂肪は、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を減らしてLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やしてしまう作用があります。そして、LDLコレステロールが増え過ぎると、コレステロールが血管の内側に溜まって、血管が分厚くなって硬くなってしまいます。

コレステロールが蓄積することで、血管にこぶができてしまうんですね。このように動脈にこぶができた状態をアテローム動脈硬化と言います。これが動脈硬化に陥るメカニズムです。

動脈硬化を予防するためには脂質異常症を防ぐことが大切

脂質異常症を放置しておくと、動脈硬化に陥ってしまいます。そして、この脂質異常症の原因となるのが、中性脂肪とLDLコレステロール。だから、中性脂肪とLDLコレステロールを減らすことは、動脈硬化予防になるということですね。

動脈硬化を予防することと中性脂肪、LDLコレステロールを減らすこと、もしくは脂質異常症を予防することというのは、ほぼ同義と言ってもよいです。それだけ、これらは密接にかかわり合っているということです。

だから、中性脂肪やLDLコレステロールは高いけど、動脈硬化とは言われていないから大丈夫なんていうことはないんですね。中性脂肪やLDLコレステロールが高いという方は、動脈硬化に陥る危険性が高いと考えて、対策をすることが必要ですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ