動脈硬化のリスクが分かるLH比をチェックしよう!

動脈硬化の危険性をはかる指標にLH比があります。LH比は、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」で求められ、血中のLDLコレステロールとHDLコレステロールの割合を表した指標です。

LH比が高いほど動脈硬化の危険性が高くなり、LH比が低いほど動脈硬化の危険性は低くなります。近年では、コレステロールの値だけでなく、このLH比に注目すべきとして、重要視されているんです。

なぜLH比が重要なのか

血液中のコレステロールには、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(善玉コレステロール)とがあります。LDLコレステロールが、動脈硬化のリスクを高めるのに対して、HDLコレステロールには、動脈硬化を予防する作用があります。

そのため、LDLコレステロールとHDLコレステロールを一緒くたにして、危険なコレステロールと捉えるべきではありません。だから、LDLコレステロールとHDLコレステロールの割合を示すLH比に注目することが必要なんです。

LH比の正常値と異常値

LH比は、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」で求められる値ですが、一般的に、その正常値と異常値の目安は以下のように考えられています。

  • 1.5以下…正常値(健康)
  • 2.0以上…異常値(動脈硬化の疑いあり)
  • 2.5以上…危険値(脳梗塞や心筋梗塞の危険性あり)

LH比が低いほど、LDLコレステロール値が低く、HDLコレステロール値が高い状態と言えますので、動脈硬化の危険性が低い健康な状態となります。それに対し、LH比が高くなると、LDLコレステロール値が高く、HDLコレステロール値が低い状態ですので、動脈硬化の危険性が高い状態となります。

LH比が2.0以上になると、動脈硬化の疑いがあるとされ、2.5以上になると、非常に危険な状態にあるとされています。ここまで来ると、脳梗塞や心筋梗塞等の血栓症のリスクも高まりますので、命を落とす危険性すらあります。LH比が2.0以上にあるという方は、今すぐに対策をしましょう。

大切なのはLH比を下げること

LH比が高いほど動脈硬化の危険性は高まりますので、動脈硬化を予防するためには、LH比を下げることが大事になってきます。LH比を下げるためには、LDLコレステロールを減らして、HDLコレステロールを増やすことが必要です。

LDLコレステロールを減らすには、適度な運動、魚や野菜を中心とした食生活を継続することが大切です。また、HDLコレステロールを増やすにも運動は有効ですし、DHA・EPAといった成分が豊富な魚を中心とした食事を摂ることも効果的ですよ。

動脈硬化予防におすすめサプリメントはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ