動脈硬化予防に効果的な食品

食事と動脈硬化は非常に大きな関係があります。動脈硬化の危険因子には、いろいろなものが挙げられますが、その中でも、食生活というのは、非常に大きな要因となっています。食生活次第で動脈硬化になるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

食事は、それだけ大事ですので、動脈硬化予防に効果的な食品を摂ることを心がけましょう。

動脈硬化予防に効果的な食品

動脈硬化を防ぐために効果的な食品とは、中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らす作用のある食品です。逆に、脂肪が多い肉やケーキ等の甘い物は、中性脂肪やLDLコレステロールを増加させてしまいますので、動脈硬化を進行させてしまう危険性があります。

動脈硬化を防ぐためには、肉のように動物性脂肪が多い食品や甘い物をできるだけ控えて、中性脂肪やLDLコレステロールを減らしてくれる食品を食べるようにしましょう。中性脂肪やLDLコレステロールを減らしてくれる食品としては、以下のようなものが挙げられます。

青魚

魚には、中性脂肪やLDLコレステロールを減らす作用のあるDHAやEPAが豊富に含まれています。これらの成分を効率よく摂取するには、魚の中でも、特にDHAやEPAが多く含まれているイワシ等の青魚がおすすめです。

野菜

食物繊維が豊富な野菜や果物も動脈硬化を防ぐのに効果的です。食物繊維にも中性脂肪やLDLコレステロールを減らす作用がありますので、食事の際にサラダを食べたり、食後にケーキ等ではなく、フルーツを食べたりして、摂取すると良いでしょう。

納豆

納豆も動脈硬化予防におすすめの食品です。大豆は、野菜と同様に食物繊維が豊富ですし、イソフラボンもたくさん含んでいます。イソフラボンにも食物繊維のようにLDLコレステロールを減らす作用があります。

また、納豆には、他の大豆製品にはない成分が含まれています。それがナットウキナーゼです。ナットウキナーゼは、納豆のネバネバ成分のもとである納豆菌が作り出すもので、納豆にしか含まれていません。ナットウキナーゼにも、LDLコレステロールを下げる作用がありますので、大豆製品の中でも、納豆は、特に動脈硬化予防に効果的な食品と言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ